イタリアへ行きたい

イタリアは南イタリア、北イタリアでぜんぜん違う人種?なのです。そのイタリアをこのブログで診断したい。
>がん(癌)と告知されたあなたへ、食事療法でがん(癌)と闘いませんか<

イタリア添乗記

イタリア添乗記

旅行社に雇われるサラリーマンで学校、各種団体、
企業の海外旅行の営業をしていました。

旅行会社というと
すぐ「かっこいい」とか「安く旅行にいけるんでしょう」などと言われますが、実際、そんなことは全然なかったですねー。
この仕事の経験の中でイタリア旅行の話をさせていただこうと思います。
なぜかというと、丁度イタリアが流行りだした頃で、
やたらとイタリアへ行く機会が多かったからです。

一昔前ならヨーロッパ旅行に行って、最後はパリというのが定番だったみたいですが、

私の頃は、「イタリアには行ってみたいわねえ」
「イタリアだったらもう一回行ってもいいわねえ」
という時代に入っていました。

食べ物がおいしい、(日本人にも食べられる、何日か続いても大丈夫)というのも大きな要因かも知れません。

それでは、そろそろ出発。(次から本編はじまります)

イタリア添乗記1

イタリア添乗記1

関西国際空港から出発して、 ヨーロッパの玄関口としてイタリア北部のミラノあたりに 直行便で入ると便利なんですが、個人的な趣味により エールフランス航空に乗ってパリ、シャルル・ド・ゴール空港 に入ってみました。

理由は2つ。

一つ目は
エールフランスに乗ればエコノミークラスでも 機内サービスでシャンパンが無料で飲めるのです。 (他の航空会社はビジネスクラス以上じゃないと、 シャンパンは飲めません。) これがまた美味しくって、気圧のかげんで、よくまわりますから、ほどほどに。

二つ目は
飛行機に乗り降りする際、 普通はタラップを人が降りて下で待機している バスに乗り込んでターミナルに移動するんですが、ここのバスは車体を飛行機の出入り口の高さまで上げてくれるんです。
珍しいのでお客さんは結構喜んでいました。

パリで乗り換えて、夕刻ミラノへ。日本を午後に出て、その夕刻着いて(時差のおかげで、同じ日となります)ホテルに入って寝る。

これは、なかなか行程上体が楽だと思います。

この少し前まで、アンカレッジ皆さん聞いたことありますよね。ここの空港のお土産屋さんにはなぜか 日本人のおばちゃんがいっぱいいて、たくさんの日本人のお客さんがお金を落として行ったそうです。うどん屋もあったんですよ。

アンカレッジ経由が主な路線で、
ヨーロッパに着くのが朝だったんです。
それだと飛行機に長時間乗り、
疲れた体で一日を朝から 過ごさないといけなくて寝不足。時差ボケの体には結構きつかったことでしょう。

今のルートならたいがいその日のうちに目的地に
着けるので、 一晩ゆっくり休めるといる訳です。

それではミラノに到着しましたので、
とりあえずBuona Sera (おやすみなさい)

スペイン語 独学
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。