イタリアへ行きたい

イタリアは南イタリア、北イタリアでぜんぜん違う人種?なのです。そのイタリアをこのブログで診断したい。
>がん(癌)と告知されたあなたへ、食事療法でがん(癌)と闘いませんか<

イタリア添乗記3

イタリア添乗記3

ではそろそろベニスへ向けて出発。 途中ヴェローナに寄ってみましょう。

ここはシェイクスピアの『ロミオとジュリエット』の舞台となった所で 『ジュリエットハウス』例のバルコニーも有ります。例のとは「ロミオ、ロミオどうしてあなたはロミオなの」とジュリエットが夜空に向かて嘆き、下でロミオがそれを聞いている。

かわいいジュリエットの像も建っています。私と一緒に行ったおじさんは、 そのかわいい胸にしっかりと手を置いて記念写真なんぞを撮っていました。 (やらしいな、大阪おじさんは)

ツアーの団員さん(ほとんど大阪のおばちゃん)には大受けでした。 あまりツアー客は行かないけれど、 古代の野外円形劇場もよかったです。ちょうど5月の末頃だったので夏の野外オペラむけの巨大なセッの 組立をしていてなかなか迫力のある様子でした。

さてオペラというと人間の体を楽器のように中で音を響かせて 声を出して歌うというもので、昔はドラム缶みたいなおばさんが 「椿姫」なんてやったりして、ちょっと怖かったらしいのが、最近はスリムになってきていそうです。

そういえば、そういう勉強をしに来ている女性のアルバイトガイドに 当たった時は、バスで一声あげてもらってなかなか盛り上がったっけ。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。