イタリアへ行きたい

イタリアは南イタリア、北イタリアでぜんぜん違う人種?なのです。そのイタリアをこのブログで診断したい。
>がん(癌)と告知されたあなたへ、食事療法でがん(癌)と闘いませんか<

イタリア添乗記

イタリア添乗記

旅行社に雇われるサラリーマンで学校、各種団体、
企業の海外旅行の営業をしていました。

旅行会社というと
すぐ「かっこいい」とか「安く旅行にいけるんでしょう」などと言われますが、実際、そんなことは全然なかったですねー。
この仕事の経験の中でイタリア旅行の話をさせていただこうと思います。
なぜかというと、丁度イタリアが流行りだした頃で、
やたらとイタリアへ行く機会が多かったからです。

一昔前ならヨーロッパ旅行に行って、最後はパリというのが定番だったみたいですが、

私の頃は、「イタリアには行ってみたいわねえ」
「イタリアだったらもう一回行ってもいいわねえ」
という時代に入っていました。

食べ物がおいしい、(日本人にも食べられる、何日か続いても大丈夫)というのも大きな要因かも知れません。

それでは、そろそろ出発。(次から本編はじまります)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。