イタリアへ行きたい

イタリアは南イタリア、北イタリアでぜんぜん違う人種?なのです。そのイタリアをこのブログで診断したい。
>がん(癌)と告知されたあなたへ、食事療法でがん(癌)と闘いませんか<

さあ、イタリアワインを飲もう

アサヒビール株式会社イタリア・スパークリングワインの名門・ガンチア社との共同開発

開発にあたっては、イタリアを代表する名門ワイナリーであるガンチア社と、"洗練されたイタリアをイメージしたフルーツスパークリングワイン"をコンセプトに、フレーバーの選定や、味わい、ボトルデザイン、ネーミングなどを共同でつくりあげました。 ...
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=166980&lindID=4

太陽が似合う国イタリア! ビバ・イタリアワイン!!

今月は太陽が似合う"イタリアとスペイン"に注目してみます。まずはイタリアからスタートです! イタリアはフランスの高貴品種であるカベルネやシャルドネなどから素晴らしいワインを生産していますが、同時にイタリア土着のぶどう品種からも高品質なワインを造ってい ...
http://www.asahi.com/food/column/wine_saijiki/TKY200708070169.html

全日空イタリアワイン「ロッカ・ディ・フラッシネッロ社」のワインを販売開始

全日空商事、イタリアのワイナリー「ロッカ・ディ・フラッシネッロ社」のワインを販売開始

全日空商事は、イタリアのワイナリー、ロッカ・ディ・フラッシネッロ社と同社が製造するワインの独占輸入販売について合意し、8月1日から日本国内での販売を開始する。ロッカ・ディ・フラッシネッロ社は、仏・メドック1級格付けの「シャトー・ラフィット・ロートシルト」 ...
http://www.mylifenote.net/002/post_1928.html
【ANA国際線サービスワイン】2005年3月より搭載の新ワインを地
上で堪能

イタリアワイン:スーペル・トスカーナ

イタリアワイン:スーペル・トスカーナ

ワイン法や従来の格付け基準にとらわれずに造られるトスカーナ産の上質なワインを、とくにスーペル・トスカーナと呼ぶ。

イタリアをはじめヨーロッパのワイン法では、歴史的にその土地で栽培されてきた品種を用いてワインを造ることが基本とされている。しかしトスカーナ地方では、敢えてそれを無視して、土壌と相性のよいフランス・ボルドー原産のカベルネ・ソーヴィニヨン種を植えて、カベルネ単独または古くからこの地方で栽培されてきたサンジョヴェーゼ種などとのブレンドによって、良質のワインを造ろうとする動きが活発である。当初、それらは格付け最下位のVdTや下位のIGTとして生産されていたが、品質の良さから世界的に評価が高まり、「スーパー・トスカーナ」と呼ばれて格付けを超えた大人気となった。現在ではサッシカイアをはじめとして、人気と評価を後追いする形でDOCに認定されるものもでてきている。

また同州のキャンティにおいて、赤ワインに白ブドウを混ぜて醸造することが長らく法的に義務付けられていたが、これに反発する生産者によって作り続けられたサンジョヴェーゼ100%の赤ワインも「スーパー・トスカーナ」に含められる。なお、現在では白ブドウを混ぜない赤ワインの人気によりワイン法が改正され、サンジョヴェーゼ100%でもキャンティ・クラッシコを名乗ることができるようになった。

また、スーパーVdTという呼称もあり、こちらはトスカーナ産に限らない呼び名であるが、2005年1月の時点では、こう呼ばれるものはトスカーナ産が中心となっている。
wikipedia
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。