イタリアへ行きたい

イタリアは南イタリア、北イタリアでぜんぜん違う人種?なのです。そのイタリアをこのブログで診断したい。

イタリアへ海外赴任を命じられたら?

私は旅行業時代、ローマとポンペイぐらいしか
イタリアを知らない。
が、会社からイギリスへ留学を指示され
約3ヶ月英語留学をさせていただいた。

最初は初歩のクラスで英語を学んだ。
ヨーロッパ中から生徒が英語を学ぶためやってきていた。
ローマ出身の女性がいた。20歳代の女性で
兎に角、明るかったし、人当たりもよかった。

次に入ったクラスは英語ができて当然のクラス。
ビジネス英語のクラスに入れられた。やあ、大変だった。
その中にもイタリア出身の40歳代の男性がいた。
物静かで几帳面な、え?この人本当にイタリア人?と思った。
イタリア北部の出身の人でした。

私がイタリアへ赴任を命じられたら、どんな気持ちになるだろう
楽しくもあり、悩ましげでもあるような気がする。

イタリアへ海外赴任を命じられ、数々の難問も解決された方がいます。

その方が経験を生かしてオンライン講座を開設しました。
私がそのお手伝いをさせていただいています。

海外赴任者オンライン講座とは

特徴1
海外拠点での身近な問題を扱ったケーススタディーです

海外現地法人で働く日本人出向者の悩みは、国民性の違い、
現地社員とのコミュニケーション、本社と現地との板挟み、
売上、収益、在庫などマネジメント上の課題など、悩みは尽きません。

そのような方々のお役に立つ為に、
海外拠点で遭遇する課題場面を「ショートケース」にして、
その課題を解決しながら、現地法人のマネジメント力をつけていく講座です。

特徴2
お悩みの相談に乗ります  
   
海外拠点での勤務は、権限も大きい代わりに責任も大きく、
日本人出向者にとっては非常に重圧を感じ、ストレスが溜まる職務です。
しかも、日本勤務のように身近に相談できる上司や同僚がいない場合が多いので、
なおさら孤独です。

そんな時にあなたが抱えておられる課題や問題点を私が相談に乗り、
アドバイスします。一緒に解決策を考えましょう。

海外赴任者のためのお悩み解決オンライン講座
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。